軽自動車の任意保険 相場を知るのが安心のコツ

軽自動車の任意保険の相場を見たことがありますか?

実際に各社の保険料を比較すると想像以上の違いの大きさに驚いてしまいます。

◇軽自動車の任意保険料 比較例◇

AAA損保 31,620円(代理店型)   CCCダイレクト 18,910円(通販型)
BBB海上 28,930円(代理店型)   DDD損保    16,670円(通販型)

【条件】5ナンバー軽自動車,10等級,初度登録H20年1月,ゴールド免許,東京,30歳未満不担保,夫婦限定,日常・レジャー,走行距離3000km未満,対人賠償:無制限,対物賠償:無制限,人身傷害:3千万円,搭乗者傷害:なし,車両:なし<※軽自動車は保険料率区分が5ナンバーと4ナンバーだけでモデルの違いによる保険料の違いはありません。>

軽自動車 任意保険

この例では同じ補償、加入条件でほぼ2倍に近い差が出ています。
最高額と最低額の差は約1万5千円にもなります。

このような任意保険料の相場の姿を知らずに加入・更新すると、
軽自動車の維持費の安さが任意保険で消し飛んでいるのかもしれません。

一括見積もりは簡単な入力でスピーディーに任意保険料の相場を知ることができます。

利用は【完全無料】電話勧誘や対面勧誘の心配も全くありません。
毎年80万人以上もの人が利用している安心の無料サービスです。
利用しても加入義務発生などもありませんので気軽に申し込むことが出来ます。


※一括見積もりの申込み入力は最短5分、長くても15分程度で出来ます。
※メール・郵送で届く見積もりとPC画面の一覧でじっくり比較できます。

相場が分からないままで自動車保険を決めるのは怖い

 注目同じ補償で驚くほど保険料が違う

 意外かもしれませんが、いま自動車保険ほど各社の価格が違う金融商品は無いのかもしれません。
 保険自由化で中間コストのない直販型が次々登場し、自動車保険の相場は一挙に低くなりました。

 かつてのように、年齢や等級がわかれば大体保険料の検討が付くという意味での「相場」は、
 もう崩れてなくなってしまったと言っていいでしょう。

 現在24社もの損保会社などが競争し、同じ補償内容で保険料に2倍以上の差が出ることも珍しくありません。


 注目こんな実態を知らずに選んでしまうのが怖い!

 「この条件で相場はどのくらいになるでしょうか?」と尋ねると、

 <代理店型関係者> ⇒ 「6~8万円が相場かな」

 <通販型関係者>  ⇒ 「3万円台が相場でしょう」

 というような答えになってしまうのが今の自動車保険の現実です。


 注目比較なしには選べなくなった

 もはや自動車保険は1社や2社の見積もりでは選べなくなりました。
 どこの保険会社にも通用する昔の意味での「相場」はもう崩れてしまっているからです。

 自動車保険の自由化後、一括見積もりサービスの利用者が急増しているのは当然のことでしょう。
 各社を一括して比べてみないと、どれが自分に適しているのか検討も付かないからです。

 一括比較で各社の相場を見てから自動車保険の加入・更新を行う人がどんどん増えています。

 毎年80万人を超える人が一括見積もり【無料】で自動車保険選びを行っています。


一括見積もり利用者の口コミ・体験談

軽自動車 任意保険

任意保険を扱う保険会社は現在24社(2016年10月)。

相場が2社や3社の比較ではわからなくなった原因は2つあります。

注目通販型の登場により各社の価格差が一気に広がったこと。
注目各社のリスク細分方法の違いで同条件でも保険料に差が出るようになったこと。


経験者のおすすめが誰にでも最適・最安になるとは限りません。
軽自動車でも任意保険選びには各社の一括比較欠かせなくなりました。


一括見積もりが便利なのはわかっても、初めて利用する場合は疑問や不安があるかも知れません。

まずは一括見積もりの利用者の声をご覧ください。

体験談をいくつか見れば安心して利用できることでしょう。

利用者の声はこちら こちら 一括見積もり 利用体験談



軽自動車=任意保険料が安い~この先入観をリセットしよう!

「軽自動車の任意保険は安いからどこでもたいした違いは無い」

この誤ったイメージが軽自動車の保険料払い過ぎの原因なのかもしれません。


料率区分(保険料設定の基準)が5ナンバーと4ナンバーしかない軽自動車は、全体としてみれば確かに普通車より任意保険料は安くなります。

問題は、同条件でも各社の任意保険料の差が大変大きいことです。


「軽の任意保険は安いはずだがこんなものだろうか?」

そんな引っ掛かりがあったら、ぜひ無料の一括見積もりで各社を比較してみることをおすすめします。
あまりの差額の大きさに驚くかもしれません。


自動車保険の完全自由化で様々な任意保険から選択できるようになったのはいいのですが、その分注意しないと保険料払い過ぎの心配も多くなったということになります。

一括見積もりの利用者が増えているのは、賢い任意保険選びをする人が増えていることの表れでしょう。


軽自動車にはエコノミーな任意保険が似合う

軽自動車 任意保険

「任意保険が軽自動車の維持費で最も高い」
そのように感じる方が多いと思います。

任意保険の相場の様子や各社の価格の違いを知らずに高い任意保険料を払っているとしたら、 軽自動車のメリットを半減させているのかもしれません。

中でも通販型と代理店型の保険料の差は大きく
軽自動車でも同じ条件で任意保険料が数万円違うことも珍しくありません。

(※年間保険料が30,000円程度になり「普通乗用車より安い」と安心してはいけません。
保険会社を切り替えれば16,000円程度になるというような例も現実にあるのです。)


軽自動車の任意保険の相場が気になるなら、
また、維持費をもっと安くしたいと思っているなら
ぜひ一度、一括見積もりで各社の比較をして見ることをおすすめします。


注目保険会社を乗り換えても「等級」の引継ぎは心配ありません

軽自動車 任意保険

一括見積で任意保険の見直しを行い保険会社を乗り換える時でも、任意保険の等級は心配なく引き継がれます。

保険会社が変わっても新規加入時の6等級に逆戻りすることはありません。


等級制度(ノンフリート等級制度)はすべての自動車保険会社が統一的に取り扱いことになっており、一人一人の保険証券の契約番号は保険会社同士で共通のデータとして共有されています。

等級が引き継がれるからこそ各保険会社は自社の任意保険への切り替えを勧めたり宣伝したりすることができるわけです。

軽自動車の任意保険の見直しで等級の心配はしなくても良いということです。



■一括見積もりで自分の加入条件による比較を行う

「軽自動車の任意保険は安いから」という先入観が盲点になっているかも知れません。

軽自動車の任意保険とはいえ、相場を知らずに選んでしまうと保険料が普通乗用車より高くなってしまうことも珍しくありません。

軽自動車の任意保険の見直しを行う場合は、
まずは任意保険の全体の相場の状況を知り、同じ加入条件でも各社の特徴の違いにより保険料が大きく違ってしまうこともあるということを頭に入れるべきでしょう。

ネットの自動車保険一括見積は、

・複数の会社から条件に合う最適な保険会社を絞り込むことができる

・1回の入力で複数の保険会社に見積り依頼が行なわれる

・メール又は郵送で回答が届くので簡単・便利

というメリットがあり、軽自動車の任意保険を「安くしたい!」「見直したい!」という時に大変便利で強力な助っ人になるサービスです。

各保険会社の現実の見積りによって行なう比較・検討ほど安心で確実なものはありません。

任意保険更新の通知があったら、一度、一括見積サイトを利用して見てください。

自動車保険各社による任意保険の保険料の違いに驚くと思います。

同じ条件なのになぜこんなに保険料が違うのかという驚きや疑問が自分にとっての保険見直しのポイントを教えてくれるかも知れません。


■軽自動車には経済的な通販型が似合う

軽自動車の任意保険料を一括見積もりで比べると、通販型の安さに驚くかも知れません。
あまりの違いに「こんなに安くて大丈夫?」と思う人もいると思います。

通販型の任意保険料が安くなるのには明確な理由があります。

最も大きい理由は、代理店経費・支店経費等の中間コストを省略し「直接取引」を行っていることです。
特に代理店手数料は保険料の20%に相当しますから、この手数料の有無の差は決定的といっていいでしょう。


通販型も代理店型も金融庁の認可、監視の同格の保険事業であり、販売方式の違い以外に保険事業としての基本的な違いはありません。

ましてや、「保険料が安いから出し渋りの懸念が大きい」などということはあるわけがありません。

2005年以来続いた自動車保険不正不払い問題を見れば、保険金出し渋り案件のほとんどがむしろ代理店系大手のものであったことがわかります。

通販であろうが代理店販売であろうが問題があれば金融庁が放って置かないということです。


■事故対応を本社が直接行うのは通販型も代理店型も同じ

「事故の時は代理店の方が安心」
この言い方には代理店が事故対応を行うようなイメージがあります。

現実には、事故時の代理店の仲介やあっせん行為は法令違反であり行われることはありません。

代理店型のメリットはあくまでも保険のプロから「アドバイス」が受けられることです。

問題は代理店のうちプロのアドバイスが期待できる専業代理店が業界の10%しかないという現実です。

ネット等で「代理店探しが重要」と言われるのにはこういう背景があります。


「代理店探し」の心配が無く善契約者が均一なサービスを期待できるのが通販のメリットです。
このメリットは例年の満足度調査の結果で裏付けられています。


■軽自動車の任意保険の相場は一括見積もりでわかる

外圧が契機となった1998年の保険の自由化は、任意保険に本当に大きい変化をもたらしました。

任意保険の完全自由化によって、それまでの各社横並びの任意保険は徐々に少なくなり、中間コストを省いたダイレクト系(通販型)や、欧米などではポピュラーになっているリスク細分が採用された保険が次々と登場しました。

現在任意保険を扱う損保会社の数は24社にのぼりますが、全体の姿(保険料の相場)がなかなか分かりにくいほど数多くの商品が販売されています。

中でも、外資系を中心にダイレクト販売、リスク細分のよる適正価格(代理店経費20%を欠けない"安さ")をセールスポイントに売上を伸ばしている通販自動車保険が台風の目になって、各損保会社は激しい競争を行なっています。

私たち消費者にとってこのような状況は選ぶことのできる商品が多くあるという意味で結構なことなのですが、いざ現実に選ぶ場合になると、どれが自分に適している任意保険なのか簡単には判別できないようになりました。

任意保険の一括見積もりは、このようなときに軽自動車の任意保険選びの心強い手助けになり、今では賢い任意保険選びにとって欠かせないサービスになったと言っていいでしょう。

エコな軽自動車の場合は任意保険もできるだけエコノミーで合理てきなものにしたいものです。

軽自動車の任意保険にも各社によってかなりの保険料の格差があり、1社ごとの見積もりではとても全貌を知ることはできません。

普通車に限らず、軽自動車の場合も、一括見積もりは任意保険選びに欠かせないサービスになったと言っていいでしょう。


このページの先頭へ