人々からの感謝が生きがいになる

医療や福祉の仕事は責任の重い仕事です。人を幸せにするということは、間違えると不幸に陥れることにもなりかねません。医療福祉の仕事は、安定はしていても、仕事に見合うほどの給料ではないという声がたくさん挙がっています。

責任は重い、報酬も満足できない、それでも何故そんな仕事を好んでやる人がいるのでしょう。医療福祉の現場で働く人は、多くの人と心が触れ合う喜び、少しでも人を幸せにできたと感じる嬉しさ、更に難しい仕事をやりとげたときの達成感を生きがいに考えている人が多いのです。そして、医療福祉の専門家としての誇りもあります。

また、自分が必要とされている実感もやりがいに繋がります。例えば、「疲れたから休みたい」と思うことは人間ならばあることです。しかし、自分の都合で仕事を休めば、患者さんや利用者はその日の快適な生活が送れなくなるかもしれません。いつ来るか、いつ来るかと人々は待っているのです。それは、日頃のサポートやケアだけでなく、患者さんや利用者の方々と顔を合わせて会話ができることの幸せをも提供しているのです。

特に福祉の仕事は、サービスを受ける人と直接顔を合わせて「ありがとう。あなたがいてくれて本当に助かりました」と言ってもらえる機会が、とても多い仕事です。最初は暗く硬い表情の人が、手助けをしていくうちに、明るい笑顔に変わるなんてことも、よくあることなのです。福祉は、わずかなことでも、人の役に立つ実感を得られやすい仕事です。従って、多くの人の笑顔になるところが見たいと思う人は、ぜひ福祉で活躍することを検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です