看護や介護は大変なことばかりではない

看護や介護の仕事は、簡単にいうと人のお世話です。汚いものを扱うというマイナスなイメージもあります。また、大人を介護するので体力も必要になってきます。しかし、大変なのはそれだけではないのです。

看護や介護は、主に人と接する仕事です。ただ接して仕事をするだけではありません。相手の気持ちに寄り添うことが求められます。機械的なサービス対応をしていれば、相手から感謝をされる事はありません。当然周囲の人からも信頼されないでしょう。

感謝の言葉が嬉しくない人はいません。感謝されるために仕事をするという訳ではありませんが、人の為を思い、幸せな日々をつくるサポートができれば、自然と嬉しいことややさしい出来事が増えていきます。毎日の仕事を充実したものにするためにも、温かい対応を心掛けていきましょう。

また、看護師であれば、少しずつ病気があった相手が元気になっていく姿や、昨日出来なかった事が出来るようになっている姿を身近でみることができます。相手が少しずつ元気になっていく姿をみられるのはこの仕事の特権です。また、退院も同様です。不自由があって入院をしていた人が、最後には元気になって病院を後にします。この時は自分が行ってきた仕事をやり遂げた瞬間です。このような事が積重なって、仕事に対する誇りに繋がります。これは、看護師を仕事にしている人にしか味わえません。汚い、大変、忙しいなどのマイナスなイメージがありますが、ここでしか味わえないやりがいはたくさんあります。

「仕事が楽しい」と少しでも思えるような好循環のループをつくるためには、人の心に真剣に向き合う本当のやさしさを発揮することが求められるのです。誰もが温かい気持ちになれるような環境をつくることに励み、楽しい仕事ライフを送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です